装用しない高齢者の主張

装用しない高齢者の主張

装用しない高齢者の主張 耳が聞こえづらくなったのに補聴器を装用しないという高齢者が多くおられます。まだ若いからや聞こえているので必要ない、以前使ったけど役に立たなかった、高齢者扱いされるから嫌、耳がキンキンしたから使わないなど数多くの理由があるようです。中でも価格が、装用をためらう理由になっています。
補聴器は医療機器であるため、市販品の集音器などと違って価格も高いです。機能や形状によって違ってきますが、片耳価格で5~9万円、両耳価格だと10~19万円ほどするため、かなりの出費になります。聴覚などの事前の検査に加えて、必要に応じて専門家が調整するという手間がかかることが、価格の高さの背景があります。また医療機器ではありますが、健康保険の適用を受けられず、全額自己負担であること大きな理由でしょう。
現在の補聴器は以前のもののように耳がキンキンするハウリングをなくしたほか、音量などの自動調整機能などを搭載しているためボタンを押して操作する手間もなくなりました。確かに最新の医療機器であるため価格は高いですが、メーカーの中には無料試用期間を用意しており、自分にあうかどうかを確認することもできます。補聴器を利用すればコミュニケーションがスムーズになるため、充実した生活に貢献します。

軽度の場合も将来に備えて補聴器を装用する

軽度の場合も将来に備えて補聴器を装用する 年齢を重ねるにつれて聴力が低下しやすくなることは、誰にとっても思い当たるふしがあるはずです。ひとくちに聴力の低下とはいっても、そのレベルは軽度から重度までさまざまな種類にわけられます。この場合の軽度というのは、会話が聞き取りにくいと漠然と感じる程度であって、日常生活を送る上ではそれほど大きなトラブルにはならない段階といえます。それよりも上の中度になると、近くまで寄ってもらわなければ会話が聞き取れないレベルとなりますので、しだいに日常生活に支障が生じてくる段階です。
日常生活に支障がなければまだまだ補聴器は必要ないというのが一般的な感覚ですが、この段階から本人にとって最適な補聴器を装用しておくことは、将来に向けて聴力が低下する進行の度合いをゆるやかにすることができます。ごく軽いレベルの場合には、左右どちらでも装用できる小型の補聴器が安価に販売されていますので、一度専門店で聴力を検査してもらい、カウンセリングを受けた上で選ぶとよいでしょう。