レンタルで保険適用は可能?

レンタルで保険適用は可能?

レンタルで保険適用は可能? 近年の日本では高齢化が進んでいるため耳が聴こえにくくなってしまっている方が増えています。
年配の方でなくとも若年層にも難聴の方が増えているのが現状です。
その理由としてイヤホンを利用しての長時間の音楽やスマートフォンのゲームをする事により、耳や目が悪くなっているようです。
自分の耳がもし聴こえにくくなってしまったら、皆さんだったらどうするでしょうか。
まずは耳鼻科に行って検査してどのような病気なのか判明させる事になりますが、それがどんな結果であっても期間はわかりませんが、補聴器を使った生活を勧められます。
今の補聴器は様々な種類があるので自分の生活スタイルにあった物を選ぶことが出来ます。
しかし、補聴器を購入する際に介護保険や医療保険は適用されません。
また助成金等についても障がい者の認定がなければ降りません。
ですからあくまでも生活のちょっとした補助を目的としているならば、購入せずにレンタルを利用すると良いでしょう。

補聴器の購入は補助金が出ることもあるがレンタルは自費

補聴器の購入は補助金が出ることもあるがレンタルは自費 補聴器の購入の際、聴覚障害者の方の場合は補助金を支給してもらうことが出来ます。
一般的な健康保険や介護保険、医療保険では購入時の補助はカバーされません。
障害者手帳を持つ方であれば、市町村の窓口で相談の元福祉対応補聴器の支給などを受けられる場合があります。
また、購入時のサポートとして障害手帳を持つ方の場合は1割負担での購入というのも平成25年から適用されていますので、うまく利用していくと良いでしょう。
世界保健機構機構では41デシベル以上の難聴者に、補聴器の使用を推奨しています。

基本的にこういった補助は購入時に受けられるものですので、レンタルを行うショップも有りますがこの場合は自費です。
ショップのなかには購入を検討している方に向けたレンタルをサービスで行っているところもありますので、まずは自分に合った補聴器を探すべく借りてみるというのもお勧めです。
その際は料金が発生する場合と無料のところがあります。